シンスプリント

今日はすねの内側の痛みとして有名なシンスプリントについてお話しします。

シンスプリントとは、ジャンプやダッシュを繰り返すスポーツに多い、すねの内側に起こす痛みで、
長距離ランナーを始め、バスケットやバレーボール、バドミントンといった体育館でのジャンプ競技に多く起こします。

原因となる筋肉は、すねの骨である脛骨(けいこつ)の内側に付着する、
ヒラメ筋、後脛骨筋(こうけいこつきん)が原因で、繰り返しジャンプやダッシュをすることで、
脛骨の内側をひっぱるような形になり、骨の膜である骨膜(こつまく)で炎症を起こし、痛みます。
※骨は関節部分以外、膜に覆われています。

長距離ランナーがアスファルトの上を走ったり、体育館などでジャンプやダッシュなど、
いわゆる『ふんばる』力が加わることでここの筋肉を強く使います。
その繰り返しで骨膜で炎症を起こします。
つまり硬いところで走ったり、ジャンプしたりすることが原因となりやすいです。

シンプリストはすねの内側に起こす痛みのこと

ヒラメ筋とは、下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と呼ばれるふくらはぎの代表的な筋肉で、
足首を足底側に曲げる作用があり、歩く際などに地面を蹴ったり、ただじっと立っているだけでも使われる筋肉です。

後脛骨筋は、すねの内側から始まり、足の裏まで走っている筋肉で、立っている時の姿勢を安定させたり、ジャンプの着地などの際、足の裏にかかる負担を減らすクッションの役割もしている筋肉です。

多くはこの二つの筋肉の柔軟性がないこと起こりますが、
他の要因として、外反踵骨(がいはんしょうこつ)があります。

外反踵骨とは、まっすぐ立った姿勢で、かかとの骨が外側を向いてしまっている状態で、この外反踵骨があることで内側の筋肉がひっぱられやすく、シンスプリントを起こしやすくなってしまいます。

※この外反踵骨については後日、写真を載せてまた説明します。

シンスプリントの治療は、すねの骨への負担を減らすため、
先ほどの、ヒラメ筋、後脛骨筋の緊張をとり、ストレッチで柔軟性をつけてあげることが重要です。

そのために、負担を減らすためのテーピング、更に負担を減らすためにかかとにクッションを入れます。そして、ヒラメ筋と後脛骨筋のマッサージとストレッチをよく指導します。

マッサージは先ほどの写真の場所を強く押します。
※マッサージはかなり痛いです。

シンスプリントのテーピング

ヒラメ筋のストレッチです↓

ヒラメ筋のストレッチ

少しわかりにくいかもしれませんが、
痛いほうの膝をかかえこむようにしゃがみ、反対の足は横にします。

シーバー病のときに紹介したストレッチボードも効果的です。

基本的にはスポーツは休んだほうがいいのですが、シンスプリントは本人にとっても、まわりにとってもスポーツを休むほどの痛みではないことが多いです。
練習を休むほどの痛みになるときはかなりの炎症症状が起きてると思っていいと思います。

シンスプリントは悪化すると長期化しやすく、最悪の場合、疲労骨折を起こすこともあります。

そのことをよく説明した上で練習方法や、ストレッチを指導します。

原因は筋肉ですが、痛みが出ているのは骨なのでけっして軽く見てはいけないのが
シンスプリントです。

そのことをよく説明し、一緒に練習方法などを考えてあげることがシンスプリントの治療に重要といえるでしょう。

コメントは受け付けていません。