シーバー病(かかとの成長痛)

先日は膝の成長痛について説明しました。

今日は踵(かかと)の成長痛であるシーバー病について説明します。
※セーバー病と書いてある本もあります。
※踵骨骨端炎(しょうこつこったんえん)ともいいます。
※『病』とつきますが病気ではありません。

『かかとに成長痛なんてあるの!?』と思ったかたはよくよく読んでいただきたいと思います。

最近の子供はやはり足が長いですよね!
特に膝から下が長いですね!うらやましい!!

私も背は高いほうですが、高校時代の身体測定で、100センチまでしか計れない座高計で測定不能をだしてしまったという過去がありますので足が長いかどうか謎です・・・(笑)

先日のオスグットは太ももの骨の大腿骨(だいたいこつ)が急激に伸びて成長痛を起こしますが、
今回のシーバー病に関してはすねの骨の脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)という骨が急激に成長して起こします。

最近の子供の、膝下が長い!という特徴を考えると、膝のオスグットよりもこのシーバー病の方が起こしやすいといってもよいでしょう!

シーバー病は、オスグットと同じく女の子なら小学生の高学年。男の子なら中学生に多く起こします。

痛みはかかとの側面に起こします。
シーバー病の場合はふくらはぎの筋肉、腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋という筋肉が一つになったものがアキレス腱と名前を変えてかかとの骨に付着しています。この筋肉の柔軟性がないことによって起こします。
子供は、かかとのアキレス腱が付着するところが完全な骨になりきっておらず、骨端線(こったんせん)という軟骨の部分があります。
ここが引っ張られて痛みを起こしますが、オスグットのように骨がでっぱってくることはありません。

スポーツではふくらはぎの筋肉をよく使うスポーツで、バスケットやバレーボールやバドミントンで起こすことが多いです。

シーバー病でかかとが痛くなる

シーバー病の診断は、
年齢やスポーツなどをよく聞く事も大事ですが、最近、急に身長が伸びたか?など身長の伸び率も重要です。
※オスグットも同様です。

触診方法としては、
かかとを両手の母指球(手のひらの親指側にある部分)でかかとを挟み、圧迫をかけ、痛みが出るかどうかを診ます。↓

シーバー病の触診

シーバー病の治療は、一番大事なのは、ふくらはぎの筋肉の柔軟性をつけてあげることです。
痛みの強いときにはストレッチは痛くてできないこともありますので、軽めのストレッチから始めてあげることも大事です。
セルフストレッチなら、よく準備運動でアキレス腱を伸ばすようにするストレッチをしてあげればよいですが、当院ではストレッチボードを使ったストレッチを行っています。
ストレッチボードを使えば、どれくらい柔軟性がないか、続けていってどれくらいの柔軟性がついたのかすぐにわかります。↓

シーバー病の治療::ストレッチボードでふくらはぎをストレッチ

この写真のモデルはふくらはぎが硬いのでこのように腰を伸ばすことができません。
※もちらん角度を低くし、軽めのストレッチから始めることができますのでご安心を・・・

ストレッチで柔軟性をつけることで根本的に治すことができますが、
柔軟性が着くまでにはテーピングやサポーターで痛みを和らげることができます。

テーピングは、ふくらはぎの筋肉に沿ってはることで、かかとの骨にかかる負担を減らすことができます。
サポーターは、かかとにクッションの入った、履くタイプのサポーターでかかとが持ち上がるようになり、ふくらはぎの筋肉をゆるめることでかかとの骨にかかる負担を減らします。

ふくらはぎのテーピング

サポーターの写真は後日掲載します。

あとはふくらはぎの筋肉をよくよくほぐすためにマッサージなどもします。

成長痛ですので長期化しやすいですが、早ければ数回の治療でもじゅうぶんよくなります。

最近の欧米化した生活様式の影響で、このシーバー病は確実に増える傾向にあります。
急に背が伸びてかかとを痛がるお子さんがいるかたはすぐにでも治療をすることをおすすめいたします。

コメントは受け付けていません。