ジャンパーズニー

ジャンプが多いスポーツによくある膝の痛みで
ジャンパーズニーというものがあります。(ジャンパー膝ともいいます)

これは、ジャンプをするときに使う太ももの前の筋肉である
大腿四頭筋(だいたいしとうきん)という筋肉があります。

この筋肉が骨に付着するところのことを
膝蓋腱(しつがいけん)といいます。膝のお皿の少し下の部分ですね。

膝蓋腱(しつがいけん)の位置
膝蓋腱(しつがいけん)

ジャンプを繰り返すことでこの部分に負担がかかり、
痛みが出てしまったものをジャンパーズニーといいます。

主に、バスケットやバレーボールに多いですが、サッカーでもおこすことがあります。
太ももの筋肉の使いすぎ、柔軟性がないことが原因となります。

ジャンパーズニーの治療は、テーピングで負担を減らすことでよくなります。

ジャンパーズニーのテーピング

スポーツはジャンプやダッシュなど強い力がいる動作はやらないように指示をします。

早ければ数回の治療でよくなることが多いです。

最近はスポーツをする学生の柔軟性がないのが目立ちます。
日ごろからストレッチなどをよくしてこういった使いすぎのケガにならないよう
努力することが大事です。

ちなみにストレッチはオスグットのときに載せたストレッチが効果的です!

コメントは受け付けていません。