肋骨骨折

接骨院に多く来院される骨折の中に肋骨骨折(ろっこつこっせつ)があります。

いわゆる『あばら骨』の骨折です。

肋骨骨折は、転んだりぶつけたりなどの外からの力によって起こすことも多いですが、
意外と、スポーツやくしゃみなどの自分の力で骨折を起こしてしまうことも多いのです。

肋骨は骨の中でも非常に薄っぺらく、繰り返しの力によって骨折を起こしてしまうこともあります。

高齢者の方で骨粗鬆症(こつそしょうしょう)があったりなどして起こすことも多いのですが、若い筋肉のあるかたでも起こし、患者さんの年齢層が幅広いです。

ぶつけて起こすことはいろいろな場面で起こりますが、スポーツではゴルフなどの身体をねじるスポーツで多く起こします。最近ではマラソンのしすぎで肋骨骨折を起こしたというかたがいらっしゃいました。

このマラソンをして骨折を起こした患者さんがいらしたときは、私は発生機転から肋骨骨折と見抜くことができず、症状がよくならない患者さんが自身で整形外科を受診し骨折が明らかになったという私の失敗談です。

あとはくしゃみやせきのしすぎで起こすこともあります。
以前、当院のスタッフで花粉症にがひどくくしゃみをし続けて肋骨骨折を起こした人がいました。
それくらいくしゃみやせきというのは力が入り、肋骨に負担をかけます。

最近問題になっているのは、接骨院やクイックマッサージなどによってマッサージを受けたことによって肋骨骨折を起こしてしまうケースです。
先ほどの高齢者の骨粗鬆症のかたは背中などを強く押されただけで肋骨骨折を起こしてしまうことがあります。

このような発生機転で肋骨骨折を起こします。

症状は、胸の痛みが特徴です。深呼吸時の痛み、くしゃみやせきの痛み、寝たり起きたりしたときの痛みがでます。
※肋骨骨折は、痛めてすぐはそこまでの痛みでなくても1週間くらいかけて徐々に痛くなることが多々あります。ですからぶつけるなどしてからしばらくして来院されることも多いです。

肋骨は全部で12本あり、背骨と胸骨(きょうこつ)という胸の骨と一緒に胸郭(きょうかく)と言われる籠のような上半身の骨格を作ります。
この胸郭は息を吸うとふくらみ、息を吐くと小さくなります。
大きく息をすったとき、胸がふくらみますよね?これは肺に空気が入り、肺がふくらんでおこります。

ですから肋骨骨折を起こしていると、胸郭がふくらむ、つまり大きく息を吸うと肋骨の折れた部分に負担がかかり痛みがでます。
※症状が強いと軽く息を吸っただけでも痛みがでることがあります。

肋骨骨折の治療は非常にシンプルで、
先ほど説明した胸郭がふくらまないようにバストバンドと呼ばれるコルセットくらいの大きさのものを胸に巻きます。
基本的にはこれだけでも治療になります。

骨にヒビが入る程度なら、極端な話しほっといてもよくはなります。
ですがヒビも骨折です。当然痛みはありますし、このバンドを巻くことで治療期間をだんぜん短くすることができます。

このバンドを巻くときのポイントは、息を完全に吐いたときに巻きます。

先ほどの胸郭が一番小さくなった状態で固定することで、呼吸時の痛みを軽減することができ、
なおかつ骨の折れた部分をくっつけておくことで治療期間を短くすることができるのです。

肋骨骨折には電気治療も非常に有効です。
ですからバンドを巻くだけでなく来院し、電気治療を受けることも患者さんには勧めます。

このような治療を3~4週間続けることで肋骨骨折はよくなります。

これから花粉症の季節になりますし、春になればスポーツなどに出かける方も多いでしょう!
はりきりすぎて、気づいたら『呼吸すると胸が痛い!』なんてなっていたらこの話しを思い出してください。

シンスプリント

今日はすねの内側の痛みとして有名なシンスプリントについてお話しします。

シンスプリントとは、ジャンプやダッシュを繰り返すスポーツに多い、すねの内側に起こす痛みで、
長距離ランナーを始め、バスケットやバレーボール、バドミントンといった体育館でのジャンプ競技に多く起こします。

原因となる筋肉は、すねの骨である脛骨(けいこつ)の内側に付着する、
ヒラメ筋、後脛骨筋(こうけいこつきん)が原因で、繰り返しジャンプやダッシュをすることで、
脛骨の内側をひっぱるような形になり、骨の膜である骨膜(こつまく)で炎症を起こし、痛みます。
※骨は関節部分以外、膜に覆われています。

長距離ランナーがアスファルトの上を走ったり、体育館などでジャンプやダッシュなど、
いわゆる『ふんばる』力が加わることでここの筋肉を強く使います。
その繰り返しで骨膜で炎症を起こします。
つまり硬いところで走ったり、ジャンプしたりすることが原因となりやすいです。

シンプリストはすねの内側に起こす痛みのこと

ヒラメ筋とは、下腿三頭筋(かたいさんとうきん)と呼ばれるふくらはぎの代表的な筋肉で、
足首を足底側に曲げる作用があり、歩く際などに地面を蹴ったり、ただじっと立っているだけでも使われる筋肉です。

後脛骨筋は、すねの内側から始まり、足の裏まで走っている筋肉で、立っている時の姿勢を安定させたり、ジャンプの着地などの際、足の裏にかかる負担を減らすクッションの役割もしている筋肉です。

多くはこの二つの筋肉の柔軟性がないこと起こりますが、
他の要因として、外反踵骨(がいはんしょうこつ)があります。

外反踵骨とは、まっすぐ立った姿勢で、かかとの骨が外側を向いてしまっている状態で、この外反踵骨があることで内側の筋肉がひっぱられやすく、シンスプリントを起こしやすくなってしまいます。

※この外反踵骨については後日、写真を載せてまた説明します。

シンスプリントの治療は、すねの骨への負担を減らすため、
先ほどの、ヒラメ筋、後脛骨筋の緊張をとり、ストレッチで柔軟性をつけてあげることが重要です。

そのために、負担を減らすためのテーピング、更に負担を減らすためにかかとにクッションを入れます。そして、ヒラメ筋と後脛骨筋のマッサージとストレッチをよく指導します。

マッサージは先ほどの写真の場所を強く押します。
※マッサージはかなり痛いです。

シンスプリントのテーピング

ヒラメ筋のストレッチです↓

ヒラメ筋のストレッチ

少しわかりにくいかもしれませんが、
痛いほうの膝をかかえこむようにしゃがみ、反対の足は横にします。

シーバー病のときに紹介したストレッチボードも効果的です。

基本的にはスポーツは休んだほうがいいのですが、シンスプリントは本人にとっても、まわりにとってもスポーツを休むほどの痛みではないことが多いです。
練習を休むほどの痛みになるときはかなりの炎症症状が起きてると思っていいと思います。

シンスプリントは悪化すると長期化しやすく、最悪の場合、疲労骨折を起こすこともあります。

そのことをよく説明した上で練習方法や、ストレッチを指導します。

原因は筋肉ですが、痛みが出ているのは骨なのでけっして軽く見てはいけないのが
シンスプリントです。

そのことをよく説明し、一緒に練習方法などを考えてあげることがシンスプリントの治療に重要といえるでしょう。

シーバー病(かかとの成長痛)その2

先日お話ししたシーバー病のサポーターの写真を掲載したいと思います。

サポーターの仕組みは、か かとにやわらかいクッションが入っていて、かかとが地面に着いたときの衝撃をやらわげ、アキレス腱への負担を減らします。また、かかとが持ち上げるように なるため、ふくらはぎの筋肉が弛緩し、かかとの骨の骨端線という軟骨の部分にかかる負担を減らすことで、シーバー病の痛みを軽減することができます。

シーバー病のサポーター

これはアップルという医療系サポーターを販売している業者さんの商品で、
これをつけたまま靴を履いたりもできるので大変便利です。

シーバー病のほかに、成人のかかとの痛みや、アキレス腱炎にも有効です。
※これについても後日お話しします。

ちなみにこのかかとのクッションはほんとにやわらかく、触り心地抜群です!!!

このように成長痛の痛みを軽減しながら、根本的な痛みを取るために、ストレッチをやっていきます。

成長期のお子さんがかかとが痛くなってきたらこのシーバー病のことを思い出して参考にしてみてください。