あなたに最適な腰痛治療法を探す

 

このセクションでは、前のセクションで解説した腰痛治療の新常識に沿って、「どうすれば腰痛は治るのか?」「何が最適な腰痛治療なのか?」について順を追ってお伝えしたいと思います。

 

まず初めに、自分の腰痛が、原因がはっきりしている特異的な腰痛なのか、それとも原因がはっきりしない非特異的な腰痛なのかを知ることが先決ですが、それはある程度自分でも推察できます。

 

腰痛全体の85%を占める非特異的腰痛、つまり骨折や変形など骨に器質的な異常がない腰痛の場合は、基本的に動いている時に痛みが生じ、安静にしているとおさまります。

 

もし、動いている時だけでなく、横になっている時や安静にしている時にも痛みが残っているようなら特異的腰痛の可能性があり、骨折や炎症、悪性腫瘍などが原因となっているおそれもあるため、医師による診察が必要な場合も出てきます。

 

接骨・整骨院の場合、基本的には、腰痛全体の85%を占める非特異的腰痛の患者さんが施術の対象となります。

 

そこで、柔整師にとって大事なことは、目の前の患者さんの痛みの原因を考えた時に、「手技療法が適応か」、それとも「医師による診断と治療が必要か」を最初に鑑別することです。

 

この時点での鑑別のことを「第一次スクリーニング」と呼び、このスクリーニングによって、もし後者の可能性があると思われたら、速やかに医師を紹介するか、医療機関での検査を勧めるのが良心的な施術者の態度だといえるでしょう。

 

骨が折れている可能性が高いのなら、まずレントゲンを撮って確かめるべきだからです。

 

ご本人が痛めた原因がわかっていたり、痛めた直後の時であれば、柔整師は、問診や触診をしながらどこに責任部位があるか、さまざまなヒントを手がかりに原因を特定していきます。

 

もし、慢性化してしまっている腰痛であれば、姿勢の問題や加齢などの影響も含まれてくるため、責任部位の特定が難しくなってきます。

 

それだけ術者の腕が問われるわけですが、いずれにしても第一次スクリーニングで医師の診断が必要ではなく、運動器系の腰痛であると推察される場合は、柔整師は直ちに問診と手技を使って責任部位を確認した後に、治療計画を立てていきます。

 

そして、鑑別診断に基づいて責任部位の原因除去に集中し、患者さんご自身の自然治癒力の腑活を促しながら患部の機能回復をはかっていき
あなたに最適な腰痛治療法を探す

 

もし治療計画通り改善が見られない場合には別の原因が考えられるので、医師と連携をはかりながら改善の道を探っていきます。

 

腰痛の中でも、施術者にとってとりわけ治療の困難さを伴うのは、椎間板を損傷した急性腰痛、腰部椎間板ヘルニアの患者さんです。

 

椎間板の損傷による腰痛は、他の腰痛に比べて痛みの範囲が広く、また痛みの程度も激しいため、ベッドに寝てもらうことも困難なことが多く、通常の手技では歯が立たないことが多いからです。

 

腰痛の痛み(疼痛)の程度は、ペインスコアで示されます。ご本人が感じている治療前の腰の痛みを「10」、完全に痛みがなくなった状態を「0」として、腰の痛みを数字で表したものがペインスコアです。

 

腰椎椎間板ヘルニアでも、ステージ(病期)が低く、手技療法が可能であれば、それによってペインスコアも徐々に下がっていき、手術を受けた場合と変わらないくらい疼痛が改善し、機能回復も望めます。

 

しかしながら、ステージが進んでいて痛みが激しいと、横になることもできず、触ることさえできないので、湿布やコルセットだけの対応となってしまうことも少なくないのです。